スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さいサイズの缶バッチ

どうもこんにちは。土屋です。
秋は空が高くて気持ちいいですね。

さて、今回はグラビティアイテムの中で、私のお気に入りを紹介します。
canba.jpg
ミニサイズの缶バッチです。1円玉と同じくらいの大きさです。
小さいので、このように文字のデザインや、ロゴなどのワンポイントがかわいいです。

サンプルご希望の方は、ご希望のアルファベットと、送付先とともにご請求ください。
1個まで無料でお送りいたします。

flyer@glavity.com
グラビティ 土屋宛までご連絡お待ちしてます。

価格表もご参考にしてください。

すてきな秋をお過ごしください。
sora.jpg
スポンサーサイト

僕の愛すべきFONTたち

どうもお疲れ様です。グラビティ社員のホリコシです。
仕事をしながら思いついた事、気になった事などを紹介したいと思います。
今日は僕の愛すべきFONTたちの話。

みなさんは「都市名フォント」というのをご存知でしょうか?
知らないよという方も「CHICAGO」「GENEVA」「MONACO」...といえばピンとくるかも知れません。
そうです。MACで使われていたシステムフォントたちです。ちなみに日本語は「OSAKA」です。

システムフォントとはパソコンのモニタ上で表示させることを主とした書体で、OSに標準で搭載されている書体です。Windowsだと「MSゴシック」などがそれにあたるのですが、只のシステムフォントにAPPLEも洒落た名前をつけます。
ここらんがAPPLEのこだわり(?)なのでしょうか?

でも、もちろんこだわったのは名前だけではありません。
当時パソコンのフォントといえばドットでカクカクした書体が当たり前の時代です。
多分読めれば良いくらいの感覚だったと思います。

でもこの「都市名フォント」たちは少ないドット数でも文字を美しく見せること、そしてそれぞれの書体にコンセプトをもたせることに成功した書体なのです。

Original_Mac_fonts.jpg

パソコンで表示させるFONTにもこだわったAPPLE。今のiPhoneやiPadにも通ずる、細部までこだわる姿勢に職人魂みたいなものを感じさせますね。

最近ほとんど使う事のない「都市名フォント」ですが、背景を知ると愛着もでてきます。たまにはデザインのアクセントに使うのも良いかも知れません。

happymac.jpg

【オフセットなら グラビティ.com】
http://www.glavity.com/

【オンデマンドなら グラビティオンデマンド】
http://www.glavity-on.com/

トコトンやさしい印刷の本

こんにちは。グラビティ社員のNです。
最近、おもしろい印刷の本を見つけたので紹介したいと思います。

“トコトンやさしい印刷の本”

00000000000000000.jpg

この本は、印刷技術の歴史から最新動向までをわかりやすく解説してくれます。
今の印刷技術は「水と空気以外どんなものでも印刷できる」と言われているらしいですね。

グラビティでは水と空気以外にもまだまだ印刷できないモノがたくさんありますが……

ホームページ以外の商品でも何かご質問がございましたら、
お電話でもメールでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。
出来る限りお客様のお力になれたらとグラビティは思っております。


【グラビティ お問い合わせ】
https://www.glavity.com/GF4001FM.php

【オフセットなら グラビティ.com】
http://www.glavity.com/

【オンデマンドなら グラビティオンデマンド】
http://www.glavity-on.com/

トリムマークについて

こんばんわ。グラビティ社員mです。
今日はIllustratorのトリムマーク(トンボ)についてのお話です。

下の画像は100mm148mmのトリムマークです。
上が塗り、線が「なし」
下が線が色がある場合。

トリムマーク


下のようにトリムマークは線幅分大きく作成されてしまい、正しいサイズになりません。

下の画像のような状態でトリムマークを作成してしまうと、
データチェック時に不備として扱われてしまいますので、ご注意頂ければと思います。

トリムマークを作成するときは必ず塗り、線ともに「なし」ですよ!

作成方法
~CS3
「効果」メニュー → 「クリエイト」 → 「トリムマーク」


CS4
「効果」メニュー → 「トリムマーク」 → 「オブジェクト」メニュー → 「アピアランスを分割」

CS5~CS6,CC
「オブジェクト」メニュー → 「トリムマークを作成」でも作成可能です。


【オフセットなら グラビティ.com】
http://www.glavity.com/

【オンデマンドなら グラビティオンデマンド】
http://www.glavity-on.com/

世界一美しい本を作る男

こんにちは。グラビティの社員のFです。
今日は最近気になっている映画を紹介したいと思います!

9/21(土)から公開、「世界一美しい本を作る男~シュタイデルとの旅~」。
ドイツにある小さな出版-印刷会社、シュタイデル社。
デザインから製本までをすべて行う同社の経営者、ゲルハルト・シュタイデル氏に密着したドキュメンタリー映画です。

↓予告編動画


クライアントを訪ねて世界中を飛び回る毎日。彼が東奔西走して会いに行く人物は、ノーベル文学賞を受賞したギュンター・グラスや、アメリカを代表する写真家ロバート・フランク、シャネルのデザイナーを務めるカール・ラガーフェルドなど世界の一流アーティストたち。
作品の選定やデザインから印刷・製本、出版まですべての工程に関与し、紙やインクはもちろん、ページをめくる音や紙・インクの匂いにまで徹底的にこだわる彼の仕事は、世界中のアーティストやコレクターを魅了し続けているそうです。

渋谷シアター・イメージフォーラムにて来週からスタート。他、年内までに全国数カ所で上映予定のようです。
早速観に行こうと思っています。
印刷の美術性・技術力など、興味のある方はご覧になってみてはいかがでしょうか!


【オフセットなら グラビティ.com】
http://www.glavity.com/

【オンデマンドなら グラビティオンデマンド】
http://www.glavity-on.com/

カンバッチの改良を考えてみました!

こんにちは!グラビティの社員Zです!
現在少しでもお客様に喜んでもらえるよう、新商品や改良をがんばっています☆

さてさて、今回はグラビティでも人気の高い缶バッジの改良を考えてみました。
元々、グラビティの缶バッジは裏のピンもしっかり安全ピン型になっていてしっかりした造りなので人気があるのですが、もっとどうにかできないかなと・・・・・

そこで目をつけたのが色です!

缶バッジを作成されるお客様はイラストやカラフルなロゴ等を使われる方も多いのですが、通常の印刷ですとRGBカラーや明るい水色、グリーンなどをCMYKで表現するとどうしてもくすんだような色になっていました。

折角綺麗なデータなのに残念ですよね。

早速工場にどうにかならないか相談したところ、大判インクジェットポスターと同じ機械を使い、特殊な調整をすることでRGB風の色が出せるとの回答があったので試作してみました☆

写真ではちょっと分かりづらいでしょうか?

同じデータでの印刷で、左がRGB風、右が通常の印刷になります。

RGB風だと緑の発色がかなり綺麗です  ヽ(*´∀`*)ノ
肌色も明るくなり、ピンクもだいぶ明るくなりました。

意図しない色になる場合もあるのかな?と思いますが、イラスト系にはかなり良いと思います。
まだメニューにはないですが、気になる方は是非お問い合わせください。

缶バッジ_ビビット01

左:通常印刷 右:RGB風印刷
缶バッジ_ビビット02


【オフセットなら グラビティ.com】
http://www.glavity.com/

【オンデマンドなら グラビティオンデマンド】
http://www.glavity-on.com/

プロフィール

Author:グラビティオンデマンド
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
印刷のご注文はこちら!

検索フォーム
Twitter
Facebook
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。